「現在の日本の基本的な英語学習で実践的な英語の習得は難しい」あなたも、うすうす感じはじめてはいませんか?

英語の勉強方法の基礎

英語の勉強方法の基礎

英語の勉強方法はテレビや英会話教室など、さまざまな方法をあなたはご存知かと思います。おもに中学生から英語の勉強方法について考えてきた方がほとんどと言えるのではないでしょうか。学校のテストで出題される英語という新しいジャンルをそつなくこなすには、それなりの英語の勉強方法が要求されたことでしょう。しかし英語の勉強方法といっても、実は最初の頃というのはあまり意識していない方が大半ではないでしょうか。結局のところ、テストをこなすために英語の勉強方法に頭を抱えるわけですが、基本は暗記だったからです。正直なところ、英語の勉強方法として、頭に詰め込むだけのやり方というのは賢い方法には思えません。日本人だからこそ必要となる英語の勉強方法ですが、果たしてどうやるのが最も効率的なのでしょうか。

英語の勉強方法と学生時代は構えてしまい、勉強のひとつという認識が頭にこびりついたままの方も多かったことと思います。しかし英語の勉強方法とはすなわち、他国の言語を熟知するための方法であるということを忘れてはなりません。日本語をなぜ我々が話せるのかを鑑みると、おのずと英語の勉強方法も見えてくることでしょう。そう、日本語を話せるのは文や単語の成り立ちを知っているから可能なわけで、英語の勉強方法もこれに倣うことができそうです。つまり、英語の勉強方法として有効だと考えられるのは、基礎を熟知することにあるのではないでしょうか。会話として、文として成り立つ基礎を覚えることこそが、英語の勉強方法には欠かせないはずです。しかしその英語の勉強方法は、学校で最初にやったような、文字の書き取りから始まることではないような気がします。

英語の勉強方法の基礎とも言うべきは、対話であり、言葉を使うことに他ならないのではないでしょうか。現代の日本では当たり前になっている文字の読み書きですが、昔は強要のある人間のみしかこなせなかったのですから、英語の勉強方法も筆記が基礎ではないはず。数カ国話せる人間でも、話すのは問題ないが、読み書きは不得手という方がいらっしゃるくらいで、英語の勉強方法も話すほうが先なのかもしれません。しかし英語の勉強方法として言葉を使うことが有効とはいえ、なかなかそういう状況にないのも事実です。現代の日本では、独自に英語の勉強方法として自分に適したものを実践するのが何より効率が良いのかもしれません。英語の勉強方法を知るには、まずはネット上のブログやサイトから情報を集めておくことをおススメします。その上でこのサイトに戻ってきてください。私がオススメする方法がいかに英語の上達に不可欠かがわかってもらえると思います。「無料メールセミナー」をご覧ください。




a:1184 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析