「現在の日本の基本的な英語学習で実践的な英語の習得は難しい」あなたも、うすうす感じはじめてはいませんか?

英語の勉強方法とリスニング

英語の勉強方法とリスニング

学校の授業は英語という言語を日本人が見につけるために行われる英語の勉強方法ですよね。しかし実際には日本人が諸外国に訪れたときに英語を話せないのは、英語の勉強方法としてあまり効果が上がっていないのかもしれません。世界で活躍するスポーツ選手も、学校の英語の勉強方法のせいか、初めから英語を話せた感じではないように思います。それぞれが独自に英語の勉強方法を見つけ、実践した結果として、インタビューなどの際にも英語で答えることができるのでしょう。海外旅行のときなども、正しく英語を身につけられる英語の勉強方法をこなしていれば、さまざまなトラブルに遭う心配も激減するはずなのです。

英語の勉強方法の焦点を、現地に趣くという目的に絞ると、ずいぶんと話はシンプルになります。すなわち、英語でコミュニケーションが取れるような英語の勉強方法をすれば良いのです。文字の読み書きは後回しにする英語の勉強方法となれば、机にかじりつくだけではいけません。実践的な問題として必要となる英語の勉強方法として、リスニングは欠かせないことでしょう。学校で習う英語の勉強方法でも、リスニングをする時間はあったかもしれませんが、それほど大きく割いたものではなかったはず。実際に現地の人間を教師として迎え入れた英語の勉強方法でも、時間があまりに少ないため、完璧なリスニングを獲得した方は少ないように思います。テストなどでも取り入れられるリスニングの問題も小規模で、英語の勉強方法から外してしまう方も多かったのではないでしょうか。

英語の勉強方法を実用的な面で見ていくと、リスニングの技術はむしろ話すことより重要です。リスニングを効率的に身につけることができる英語の勉強方法があれば、英語を使う国での滞在で臆することはなくなるはずです。リスニングで相手の言葉を聞き取り、相手には単語を羅列するだけでもある程度の意志の疎通は図れるので、英語の勉強方法としてリスニングがいかに大事かわかると思います。ではどんな英語の勉強方法でリスニングをマスターすることができるのでしょうか。やはり実戦形式で覚えられる英語の勉強方法が有益で、英語を話せる人間と
会話をしていくことかもしれません。参考書などを元にする英語の勉強方法でも、発音をマメにチェックしたり、勉強用のCDや、音楽をしつこく耳に馴染ませていくべきでしょう。リスニングに関してもっと適切な英語の勉強方法を探すなら、ネット上のブログやサイトをまわって、自分に合ったものを見つけていきましょう。そしてまた戻ってきてください。




a:1268 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析